集客や認知に必要な看板お役立ちメディア

更新

【窓ガラス広告】窓に看板シートを貼って広告面として活用する方法

ライター高橋

ライター:
製作事業部 山田

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてぶに登録する
  • feedlyでRSSを登録する
  • poketで後から見る

店舗のイメージを外にいるお客様にアピールしたい方、看板だけでは集客の効果を実感できていない方に。窓ガラスに看板シートを貼ると、4つの効果が得られます。

こんな人にオススメな記事です!

【窓ガラス広告】窓に看板シートを貼って広告面として活用する方法

はじめに:窓ガラスを広告面として活用してみませんか?

看板シートを窓ガラスに貼ることを、看板業界ではウィンドウサインと呼びます。いわゆる窓に貼る看板です。特に事務所やテナント、店舗がビルの2階以上にある場合、窓面を看板として有効利用したいですよね。窓ガラスを最大限に活用するための方法について詳しくお話します。

窓ガラス広告・ウィンドウサインの4つの効果

窓ガラス広告・ウインドウサインの効果をいくつか挙げてみましょう。

①看板、広告手段としての効果

店舗名、企業名、商品名やサービス内容を窓面に比較的大きめに載せます。ビルの2階以上に店舗や事務所がある場合は窓面を看板や広告手段として使いたいですね。窓のある面が道路に面していたり、大きく空間を確保できていれば、視認性のよい看板・広告を取り付けることができます。

②店舗装飾としての効果

窓も店舗や事務所の外観イメージを演出するアイテムの一つです。独立した店舗であれば店舗のデザイン、装飾にあわせてディスプレイすることで建物のデザインがさらに映えると思います。お客様(予備軍)に「このお店は何だろう?」と興味を持っていただけると思います。2階以上の店舗や事務所であれば、窓ガラス面に商品やサービスの画像、またイメージ画像などを貼ってみてはどうでしょうか。おしゃれ感がアップし、道行く人の興味を引けると思います。例えば、ぱっと思いつくのがヘアーサロンです。女性モデルのイメージを貼っているケースを見かけますね。貼ってある画像のイメージからお客様はお店の中や商品、サービスを想像し、そのお店にするかどうかを判断するのです。

③目隠し効果としての効果

窓ガラスにシートを貼ることで目隠しにもなります。お店や事務所の中を外から見えないようにします。開店前の目隠しは別として、基本的にはこの効果だけを狙って窓を隠してしまうことは少なく、「①看板、広告手段」や「②店舗装飾」と組み合わせての効果を狙います。

④インフォメーション機能としての効果

お客さんに対して、店舗名、サービス内容、営業時間など情報を伝えます。人の目線上、1階の路面側、ビル・建物内のドアや通路に面した窓ガラスに貼ることが多いです。

窓ガラス広告の効果を高める方法

4つの効果をいくつかを組み合わせる

窓ガラス広告・ウィンドウサインの効果を4点あげましたが、集客効果を上げようと考えると、4つの効果をいくつかを組み合わせたほうが効果的と考えます。

「①看板、広告手段」だけの効果を狙って作ってしまうと、例えば極端な話、ドラマとかコントに出てくるような「〇〇興業」みたいな昭和チックなサインになってしまいます。これではお客さんは気軽には来店してくれないでしょう。ここでは「②店舗装飾」としての窓ガラス広告・ウィンドウサインも意識してデザインを考えると良いでしょう。

窓ガラス広告は店舗のイメージをデザインに落とし込む

興味・関心を持ってもらうデザイン

現在はお客さんに対して視覚的効果を考慮しないと興味を持っていただけない状況といえます。文字だけで訴えるより、イメージ全体で勝負しないと大きな効果は期待できません

例えば前出のヘアーサロンですが、お店の名前だけ文字で窓に貼るより、女性モデル(ヘアモデル)を中心にしてディスプレイすれば、「ここのお店感じいいかも」と興味をもっていただけると思います。店舗名やサービスの内容などは、そのイメージ画像にうまくレイアウトしてあげれば窓ガラス広告として良いものが出来上がります。

また「③目隠し効果」を狙う場合も同様です。特にマッサージ店や接骨院などはお店や院の中は見せれませんよね。無機質な板やシートで窓を隠すのではなく、サービス内容や営業時間のインフォメーションの場所として活用したりできます。

店舗のイメージを伝えるデザイン

そしてやはり店舗装飾としてイメージをお客様に伝えましょう。マッサージ店で例えると、タイ風マッサージであればエスニックに、英国式マッサージであればイギリスの王室風に、気軽に短時間での利用をしてもらうタイプのお店であればアットホームなデザインを施せばお客様に視覚でイメージを伝えることができ集客に結びつく可能性がアップします。このようにイメージ戦略を中心に考えれば失敗の少ないウィンドウサインが出来上がると思います。

窓ガラス広告・ウィンドウサインの注意点

文字だけのデザインは要注意

窓ガラス広告・ウィンドウサインは、個人的には難易度の高い看板ではないかなぁと思います。例えば、ただやみくもにお店や会社名、商品やサービス名をドドーンと大きな文字で貼ってしまうと、安っぽくなってしまい、返って集客効果が落ちてしまうとういうこともないとは言えません。

自治体の条例に注意

また自治体によっては景観を保護する条例で、窓面への広告や看板を規制、禁止している場合もありますので事前の確認をしておいた方がいいでしょう。

まとめ:窓をうまく活用すればあなたのお店の強い味方に

窓ガラス広告・ウィンドウサインはデザインに失敗すると集客的に逆効果になる可能性があります。でも、良いウィンドウサインができれば集客効果アップが見込めます。またあなたのお店のサインが良いものであれば町全体に効果が波及する可能性もあるのです。

窓ガラス広告・ウィンドウサインの概算料金シュミレーション

窓やガラス、ドアなども広告面として利用ができます。文字だけではなく、ロゴや柄、すりガラスなど、店舗や会社のテイストに合わせたデザインも可能です。シートの選定やデザイン制作もプロにお任せください!

ウィンドウサインに関連するおすすめ記事

ライター高橋

ライター:
製作事業部 山田

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてぶに登録する
  • feedlyでRSSを登録する
  • poketで後から見る

休みの日は色々なところにでかける事が好きです。愛車は電気自動車。燃費を気にしなくていいから日本全国飛び回っていますよ。最近、製作する部署へカムバック。長年の経験を活かしお客様の大切な看板に携わらせていただいています。

この記事を書いた人

CUVIC CITYとは?

看板を設計・デザインから施工・撤去・処分までトータルで製作できる看板屋です。キュービックシティではデザイン・製作・施工・撤去処分をそれぞれの看板のプロが揃っています。お客様に対して専任の担当者をつけて綿密なコミュニケーションを大事にし、自社スタッフ一人ひとりが責任と誇りを持ってお客様の看板を製作いたします。

CUVIC CITYなら店舗看板づくりをお手伝いできます!

CUVIC CITYができること無料PDFダウンロード

CUVIC CITYができること

無料PDFダウンロード

お気軽にお問い合わせください

営業時間:9時〜17時

0120-944-599