3M 屋内外のアスファルトやコンクリートに対応!3M 駐車場路面標示シート 3M スコッチカル ペイントフィルムコマーシャルパーキンググラフィックス。塗装では不可能な写真表現やグラデーションなど、フルカラーのグラフィックデザインが可能。タイヤの据え切りに対応する高い耐久性と、夜間も安心な反射機能を実現。

屋内外のアスファルトやコンクリートに対応!
駐車場路面標示シート

塗装では不可能な写真表現やグラデーションなど、フルカラーのグラフィックデザインが可能。タイヤの据え切りに対応する高い耐久性と、夜間も安心な反射機能を実現。

CPG-Ⅲ

3M™ スコッチカル™ペイントフィルム
コマーシャルパーキンググラフィックス

3Mロゴ

ここが新しい!
路面用フィルムCPG-Ⅲの特徴

路面用フィルムCPG-3の特徴1-タイヤの据え切りに対応

タイヤの据え切りに対応

高い耐久性を実現。剥がれや破れが発生しにくく、長時間ご活用いただけます。

路面用フィルムCPG-3の特徴2-凹凸の激しいアスファルトもOK

凹凸の激しいアスファルトもOK

これまで適用が困難だった、凹凸の激しいアスファルトにも施工可能に。

路面用フィルムCPG-3の特徴3-夜間も安心な反射機能

夜間も安心な反射機能

カラービーズにより反射機能を実現。夜間でも安全な環境づくりに貢献します。

路面シートのおすすめ使用シーン

おすすめ使用シーン
01

路面シートのおすすめ使用シーン01

駐車場の思いやり車室サインに

フルカラー印刷のため写真やグラデーションも可能。店舗や企業のロゴを使用したデザインもできます。屋外のアスファルトにも施工可能。

3M 駐車場用路面シート:駐車場の思いやり車室サインに。
3M 駐車場用路面シート:屋外のアスファルトにも施工可能。
3M 駐車場用路面シート:フルカラー印刷のため写真やグラデーションも可能。店舗や企業のロゴを使用したデザインもできます。屋外のアスファルトにも施工可能。
3M 駐車場用路面シート:工場・倉庫の安全サインに

おすすめ使用シーン
02

路面シートのおすすめ使用シーン02

工場・倉庫の安全サインに

高い耐久性があり、従来品に比べ、フォークリフトが通行するようなエリアでもサインが長持ち。屋内のコンクリートにも施工できます。

3M 駐車場用路面シート:高い耐久性があり、従来品に比べ、フォークリフトが通行するようなエリアでもサインが長持ち。
3M 駐車場用路面シート:屋内のコンクリートにも施工できます。

おすすめ使用シーン
03

路面シートのおすすめ使用シーン03

夜間のサインとして効果を発揮

ガラスビーズによる反射機能を備え、夜間でも視認性が向上。駐車場・工場・倉庫の安全な環境づくりにおすすめです。

3M 駐車場用路面シート:夜間のサインとして効果を発揮。ガラスビーズによる反射機能を備え、夜間でも視認性が向上。駐車場・工場・倉庫の安全な環境づくりにおすすめです。
3M 駐車場用路面シート:電気自動車の急速充電ステーションに。駐車場の路面に電気自動車のEVチャージ表示を設置できます。近年、電気自動車の普及とともに需要も増えてきています。

おすすめ使用シーン
04

路面シートのおすすめ使用シーン04

電気自動車の急速充電ステーションに

駐車場の路面に電気自動車のEVチャージ表示を設置できます。近年、電気自動車の普及とともに需要も増えてきています。

駐車場路面標示シートに関する質問・お見積り・お問い合わせはコチラ

路面シート概算価格表

  2㎡ 4㎡ 6㎡ 8㎡
路面シート価格
(オーバーコート剤キット込み)
¥68,000 ¥136,000 ¥204,000 ¥272,000
専用接着材価格 ¥8,600 ¥17,200 ¥25,800 ¥34,400
施工費 ¥30,000 ¥60,000 ¥90,000 ¥120,000
合計金額 ¥106,600 ¥213,200 ¥319,800 ¥426,400

※1.価格は税抜きです。 ※2.路面シート価格:1㎡あたり¥23,000 ※3.オーバーコート剤キット価格 :¥22,000(2㎡分) ※4.専用接着材価格:¥4,300(1㎡あたり1缶必要 ) ※5.施工費は東京都で施工の場合の価格です。 ※6.諸経費・送料別途 ※7.凹凸が激しいアスファルトは貼り付けが難しい場合があります。

3M 駐車場用路面シート:施工が不要な方、シート製作のみでも承ります

施工が不要な方、シート製作のみでも承ります!

路面シートと合わせて、オーバーコート剤、専用接着剤もご購入いただけます。送料を含めたお見積りを致しますので、詳しくはお問合せください。

駐車場路面標示シートの施工の流れ

1. 位置決め・マスキング

3M 駐車場用路面シート施工の流れ-1.位置決め・マスキング

設置面を清掃後、設置位置を決め、フィルム表面端部4辺にマスキングします。

2.バッキングテープの除去

3M 駐車場用路面シート施工の流れ-2.バッキングテープの除去

フィルム裏面のバッキングテープを除去します。

3.フィルム裏面接着剤塗布

3M 駐車場用路面シート施工の流れ-3.フィルム裏面接着剤塗布

専用接着剤をフィルム裏面に均一に塗布し、指で触れなくても付着しなくなるまで十分に乾燥させます。(室温:約20分)

4.下地接着剤塗布

3M 駐車場用路面シート施工の流れ-4.下地接着剤塗布

専用接着剤をマスキング内側の設置面に均一に塗布し、指で触れなくても付着しなくなるまで十分に乾燥させます。(室温:約20分)

5.貼り合わせ

3M 駐車場用路面シート施工の流れ-5.貼り合わせ

接着剤の乾燥後、施工面にフィルムを貼り合わせます。また、フィルム表面端部のマスキングを除去します。

6.圧着

3M 駐車場用路面シート施工の流れ-6.圧着

ゴムハンマーで空気を抜くように圧着します。特にエッジ部分は十分に圧着してください。(コンパクターでも圧着可能です。)

7.オーバーコート混練・塗布

3M 駐車場用路面シート施工の流れ-7.オーバーコート混練・塗布

2液(主剤と硬化剤)のオーバーコートをよく混ぜ合わせた後、ローラーを用いて均一にオーバーコートを塗布します。

8.反射材散布

3M 駐車場用路面シート施工の流れ-8.反射材散布

オーバーコートが硬化乾燥する前に、反射ビーズを全面に均一に散布します。

9.完成

3M 駐車場用路面シート施工の流れ-9.完成

オーバーコートの塗り残しや、反射ビーズの散布漏れが無いことを確認して完成です。

製品特性

3M™スコッチカル™ ペイントフィルムCPG-Ⅲ
サイズ 最大製品幅 1240mm 最小製品幅(※1)100mm
ベースフィルム PF305 1240mm ×20M(特殊アクリルフィルム/特殊金属)
製品色 白色
厚さ(代表値) 0.2mm(専用接着剤およびオーバーコート剤を除く)
専用接着剤 CPG Adhesive L(ゴム系接着剤)
専用オーバーコート剤 OVERCOAT FOR CPF3 N
防滑性 BPN=40以上
貼り付け温度 10 ~ 38℃
使用可能温度 -15 ~ 65℃

●フィルム厚:JIS K 7130 に準ずる。 ●防滑性:B.P.N 値は、ASTM E303 に準ずる。
※ 特性における数値は、原則として温度20℃、湿度65%RH での試験結果を基にしています。※ 1:製品幅が最小の場合、耐久性が低下する場合があります。

構造図

構造図-3M™スコッチカル™ ペイントフィルムコマーシャルパーキンググラフィックス CPG-3

貼り付けに適する下地

フィルムは次のような貼り付け下地への施工に適します。

・平滑なコンクリート   ・平滑なアスファルト

下地チェック用フィルムを用いることで、事前に貼り付けに適する下地かどうか確認することが可能です。詳しくはお問合せください。

下地チェック方法

(1) 下地へフィルムを置く

3M 駐車場用路面シート下地チェック方法(1) 下地へフィルムを置く

施工を検討している下地にフィルムを置いてください。この時、下地およびフィルムへの専用接着剤の塗布は不要です。

(2)フィルム上をハンマーで仮圧着

3M 駐車場用路面シート下地チェック方法(2)フィルム上をハンマー仮圧着

ゴムハンマーを用いて、下地の凹凸がフィルム表面に現れるまでフィルム上を仮圧着してください。

(3)仮圧着後のフィルム表面の確認

3M 駐車場用路面シート下地チェック方法(3)仮圧着後のフィルム表面の確認

仮圧着したフィルム箇所に、金属層の露出やフィルムの穴あきの有無を確認してください。フィルムに異常が見られない場合、施工に適した下地としてフィルムを施工することが可能です。フィルムに穴あき等の異常が見られた場合、フィルムの耐久性が低下するため、この下地へのフィルムの施工は推奨致しません。

免責事項/注意事項

〈施工に関する注意事項〉
公道への施工は法律上、道路占用許可申請が必要です。絶対に無断で施工しないでください。
製品上での車輌の通行時は徐行して下さい。20km/h以上で走行される可能性のある個所へは施工しないでください。
施工後はなるべく4時間以上の養生を行ってください。
フィルム表面に専用接着剤付着しないように、施工前にフィルム表面(特に端部)に弱粘着タイプのマスキングテープやアプリケーションテープを貼り付けてください。専用接着剤がフィルム表面に付着した場合、専用接着剤中の成分により印刷インクが侵されます。なお、使用するマスキングテープおよびアプリケーションテープは、これらテープを剥離した際にフィルム表面に糊残りや印刷インクの剥がれ等が生じないことを事前に確認の上、ご使用ください。
下地へのフィルムの圧着時に、下地の凹凸度合いによってはフィルムに穴があく場合がありますが、オーバーコート剤の塗布によって外観性の改善および該当箇所を起点とした耐久性の低下が防げます。
オーバーコート剤を取り扱う際は、手に付着しないよう作業用手袋を着けてください。手に付着した場合はなるべく速く水や弱いアルコール等で洗い落としてください。
オーバーコート剤は既定の量(1㎡施工あたり主剤と硬化剤それぞれ1缶ずつ)使用し、フィルム全面に塗布してください。またこの時、出来るだけ均一にフィルム表面に塗布してください。塗布ムラが極端な場合、経時によるオーバーコート剤の収縮等により、フィルムにシワや亀裂などの外観異常が生じる可能性があります。
オーバーコート剤の主剤と硬化剤を1度混練すると、硬化が開始します。混練は1缶ごとに行い、混練後は完全に硬化する前にフィルムに塗布するようにしてください。オーバーコート剤は混練後、約20分で粘度が上昇し塗布しづらくなり、約1時間で概ね硬化します。
反射ビーズは、オーバーコート剤を塗布後なるべく30分以内に散布するようにしてください。オーバーコート剤が完全に硬化した後に反射ビーズを散布しても、反射ビーズがオーバーコート剤表面に固着せず必要な防滑性および反射性能が得られません。
反射ビーズはフィルム全体に散布してください。反射ビーズの散布がされていない箇所は、防滑性が低下する恐れがあります。
〈施工下地に関する注意事項〉
激しい亀裂が入った下地や脆く劣化した下地への施工はできません。
人による通行量が1日当たり1万人以上のエリアに施工した場合、耐久性が低下する恐れがあります。
貼り付け下地の新設舗装から1 カ月以内の施工は避けて下さい。
〈製品に関する注意事項〉
白線や塗料上への施工は可能ですが、それらの劣化状態によっては耐久性が低下する可能性があります。
局所的に強い力が加わるとフィルムが裂けてしまう場合があります。(除雪作業、家具や什器等の引きずり、フィルム上にある石や異物等)
トラックやタンクローリー等の大型車のタイヤのねじれや荷重等により、短期間で金属層の露出やフィルムの穴開き等が発生する場合があります。
オーバーコート剤はベースフィルム(PF305)専用となっており、PF305以外のフィルム製品との組み合わせ使用が出来ません。
本製品は貼り付け時に専用接着剤を塗布するため、フィルム剥離後の原状復帰は出来ません。
3M、スコッチカルは、3M社の商標です。

駐車場路面標示シートに関する質問・お見積り・お問い合わせはコチラ

看板の「困った」はCUVIC CITYが解決!

今、使っている既存の看板に対するお悩みもCUVIC CITYで解決できます!
「デザインを変更したい」「面板が割れたので変えたい」「蛍光灯をLEDに変えて経費削減したい」「看板を撤去したい」など
何なりとお申し付けください。お見積もりいたします!お気軽にお問い合わせください。

まずはお気軽に、お問い合わせ・ご相談ください

メールでのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

0120-944-599

営業時間:9:00〜17:00

より正確なお見積もりの為に、現在の看板のお写真をご用意くださいませ。

より正確なお見積もりの為に、現在の看板のお写真をご用意くださいませ。