集客や認知に必要な看板お役立ちメディア

更新

窓にシートを貼って看板に!フィルムの種類とデザインのポイント

ライター川村

ライター:
製作事業部 川村

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてぶに登録する
  • feedlyでRSSを登録する
  • poketで後から見る

ウィンドウサインを検討中の方に。様々な表現が可能ですので、店舗の立地や雰囲気に合ったデザインにしたいですね。

こんな人にオススメな記事です!

窓にシートを貼って看板に!フィルムの種類とデザインのポイント

はじめに:窓も看板として活用しよう

窓の看板、ウィンドウサインについてお話しします。窓は遠くからでも近くからでも人の目に触れる場所です。ふとビルを見上げたときに何となく窓の広告に目がいくときもあると思います。がっつり集客!というよりは、目に留めてもらってあんなのあったな~とか、誘導目的だったりします。ですが、建物のスペースを有効的に活用して広告が出来るということでウィンドウサインは人気です。大きなビルの1フロアにお店を持ったときはとても役立つサインですよね。ウィンドウサインが、ファサード看板の代わり・お店の顔となるわけです。もちろん、独立したお店の窓や扉にもおすすめですよ。

ウィンドウサインによく使われる3種類のシート

窓にシートを貼って看板に!フィルムの種類とデザインのポイント-フィルムの種類

ウィンドウサインに使用される3種類のシート材料についてお話します。材料の特徴を知ることで、ウィンドウサインのデザインの幅も広がりますよ!

マーキングフィルム

マーキングフィルムとは、一般的には浸透していない名称かもしれませんが、いわゆる色のついているシート材料のことです。カラーシートとか、カッティングシートと呼ばれることもあります。ポピュラーで低コストな素材です。文字の形に切り抜いて窓に貼ることが多いです。もともと色がついているということだけでなく、透明度が非常に高いものや、メタリックなものなどバラエティに富んだシートがあるので思い通りに比較的簡単に扱えます。外貼りしたいときはそのまま切り抜けば使えますが、内貼りしたいときはデザインを反転させてくださいね。

インクジェットシート

インクジェットシートも外から貼るタイプと、内から貼るタイプがあります。外から貼るときは「糊が透明の白塩ビシート」に印刷してUVラミネートをかけたシートが一般的です。内から貼るときは、「表面も糊面も透明の塩ビシート」にデザインを反転させたものを印刷して白又は乳白色の塩ビシートをかけたシートを使います。印刷が出来るので、「写真を使ったプレート看板を作りたいけど窓しかスペースがない」というとき、おすすめです。

ガラスフィルム

窓ガラスに目隠し効果がほしいけど、光は遮りたくない…そんな場合に使用されるのがガラスフィルムです。すりガラス調のガラスフィルムが定番で人気がありますが、花などの模様のついたガラスフィルムも多数あります。ペタッと窓一面にベタ貼りすることが一般的かもしれません。しかし窓を広告面として生かすのであれば、ガラスフィルムをお店のロゴマークの形に切り抜いたり、すりガラス調フィルムを内側から貼る+型抜きしたインクジェットシートやマーキングフィルムを外側から貼る、といった合わせ技を駆使することで、単なるすりガラス調の窓を広告面として生かすことも可能です。

ウィンドウサインのメリット・デメリット

ウィンドウサインのメリット

窓を看板として使うことが出来る

窓ガラスに直接シートを貼るため、ほかの看板よりも製作期間も短く比較的安価に設置することができます。

場所や入り口を明確にして入りやすいように出来る

どこから入るのか分からない、本当にここで合ってるのか不安、ということがなくなります。

店舗のイメージを想像しやすくなる

プライバシーの配慮や、イメージカラー、装飾の凝り方など、第三者目線で受け取るイメージを考えてみるとメリットにもなります。

ウィンドウサインのデメリット

デザインがごちゃごちゃになりやすくなる

比較的簡単に個人でも扱えるので、あれもこれもと詰め込んでしまうこともあります。情報を詰め込みすぎてしまうとわかりにくくなってしまうので注意です。

ウィンドウサインのデザインのコツ

ウィンドウサインのデザインに役立つちょっとお得な豆知識をお教えします。

ガラス面には『白』の文字が一番目立つ

窓にシートを貼って看板に!フィルムの種類とデザインのポイント-窓ガラスには白い文字が目立つ

白が目立つ色?と意外に思われるかもしれませんが、窓ガラスに文字ステッカーを貼る場合、黒や赤よりも白の方が視認性が良いです。ガラスは外から見ると意外と暗く見えるので、明るい色の方が見やすいのです。文字ステッカーを窓に貼りたい場合は①白文字にする②白フチを施した文字にする③白いシートをベースにしてその上に白以外の文字を貼る 以上の方法が有効かと思います。

1階店舗のときはガラス面の一部は空けておく

窓にシートを貼って看板に!フィルムの種類とデザインのポイント-一階店舗は窓の上部を空けたデザインがおすすめ

1階が店舗の場合は窓一面にデザインを施すのではなく、ガラス面の上半分はシートを貼らないで空けておくなどして店舗の中の様子が見えるようにしておくと良いです。外から店内の様子が見えたほうが来店するお客様の安心感が強くなり、入店率アップにつながることがあります。2階店舗の場合は、窓一面を看板のように使って目立ったデザインにするのがおすすめです。

ウィンドウサインのデザインについて詳しくはこちら

看板デザイン作成のコツと注意点【窓ガラスシート編】

まとめ:ウィンドウサインのデザインは看板の専門スタッフにご相談ください!

シートひとつでお店の印象を変えられるウィンドウサイン。使いやすくもありますが、ぜひとも専門スタッフと一緒に悩んでみてください。より素敵な店舗に近付きますよ。

ウィンドウサインの製作・取付け施工承ります

アピール力は抜群!遠くからでも見つけやすいウインドウサイン窓やガラス、ドアなども広告面として利用ができます。文字だけではなく、ロゴや柄、すりガラスなど、店舗や会社のテイストに合わせたデザインも可能です。

ライター川村

ライター:
製作事業部 川村

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてぶに登録する
  • feedlyでRSSを登録する
  • poketで後から見る

製作担当。この業界の製作スタッフでは珍しい女性スタッフ。毎日覚えることが多く、大変ですが、毎日楽しく製作させていただいています!入社当初はひとりで持ち上げられなかった資材も、なぜか今は持てるようになりました。デザインすることも好きなので、お客様のお役にたてたらうれしいです。

この記事を書いた人

CUVIC CITYとは?

看板を設計・デザインから施工・撤去・処分までトータルで製作できる看板屋です。キュービックシティではデザイン・製作・施工・撤去処分をそれぞれの看板のプロが揃っています。お客様に対して専任の担当者をつけて綿密なコミュニケーションを大事にし、自社スタッフ一人ひとりが責任と誇りを持ってお客様の看板を製作いたします。

CUVIC CITYなら店舗看板づくりをお手伝いできます!

CUVIC CITYができること無料PDFダウンロード

CUVIC CITYができること

無料PDFダウンロード

お気軽にお問い合わせください

営業時間:9時〜17時

0120-944-599