集客や認知に必要な看板お役立ちメディア

更新

老朽化したまま放置は危険!店舗用のテントを撤去する方法

ライター伊藤

ライター:
製作事業部 伊藤

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてぶに登録する
  • feedlyでRSSを登録する
  • poketで後から見る

一階店舗のオーナー様やテナントビルの管理人様へ。店舗用のテント(オーニング)が老朽化している場合は、安全面を考えて取り替えまたは撤去しましょう。

こんな人にオススメな記事です!

老朽化したまま放置は危険!店舗用のテントを撤去する方法

はじめに:店舗用テント・オーニングを撤去する方法とは

会社や店舗の移転であったり、老朽化してしまったりと、軒先などに取り付けてあるテントを撤去したいとお考えの方もみえるかと思います。今回は、そんなテントの撤去工事についてのお話をさせていただきます。

老朽化したテントをそのままにしている危険性

老朽化してしまったテントをそのまま放置している場合、劣化したテントシートが風で飛ばされたり、鉄骨枠がサビによる腐食が進んでいる場合、落下したりと、危険なことが多いと思われます。テントの設置場所や状況によっては、重大な災害や事故につながる恐れがあります。

このようなことを未然に防ぐために、老朽化したテントは撤去、もしくは付け替えをすることをおすすめします。

テントのシートだけの撤去

テントのシート部分だけが劣化していて、鉄骨枠がまだしっかりとしている場合、テントのシートだけを撤去するという方法が考えられます。

将来的にまた新しくテントシートを張り替えたいと考えている場合や、風で飛ばされそうなシートをとりあえずなんとかしたいとお考えの場合、このやり方が有効かと思います。

テントの鉄骨枠ごとの撤去

とは言え、テントシートが劣化してしまっている状況では、鉄骨枠のサビによる腐食が進んでいる場合が多いのが事実です。この場合、安全上の観点からも、鉄骨枠ごとの撤去をおすすめします。

鉄骨枠からの撤去の場合、テントの大きさなどの状況により、クレーン車や撤去材の運搬用のトラックなどが必要となってくる場合が多々あると思われます。

まとめ:まずは業者の現地調査で状況を判断

以上のように、テントの撤去工事についてのお話をさせていただきました。状況に応じて、どこまでやるのか、どのような重機や道具が必要なのか、現場によって様々だと思われます。テントの撤去をご検討されている場合は、一度専門業者に相談されることをおすすめいたします。

看板撤去に関連する記事はこちら

店舗軒先テント・オーニングテントの撤去処分ならお任せください

撤去・処分したい看板の写真をお送りいただければ、無料でお見積もりを致します。看板撤去に必要な道路使用許可などの申請も合わせて承ります。

ライター伊藤

ライター:
製作事業部 伊藤

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてぶに登録する
  • feedlyでRSSを登録する
  • poketで後から見る

工場長。鉄骨はもちろんアルミの溶接までお手のもの。主に工場での大型物の製作、現場施工を担当。高所作業車・移動式クレーン車を駆使し、大小問わず様々な看板取付の実績あり。特技は穴掘り 「自立看板の柱を埋めるための穴」趣味はバイク(ハーレーダビッドソン)、釣り。東海圏の現地調査は私がお伺いいたしますよ〜。

この記事を書いた人

CUVIC CITYとは?

看板を設計・デザインから施工・撤去・処分までトータルで製作できる看板屋です。キュービックシティではデザイン・製作・施工・撤去処分をそれぞれの看板のプロが揃っています。お客様に対して専任の担当者をつけて綿密なコミュニケーションを大事にし、自社スタッフ一人ひとりが責任と誇りを持ってお客様の看板を製作いたします。

CUVIC CITYなら店舗看板づくりをお手伝いできます!

CUVIC CITYができること無料PDFダウンロード

CUVIC CITYができること

無料PDFダウンロード

お気軽にお問い合わせください

営業時間:9時〜17時

0120-944-599