集客や認知に必要な看板お役立ちメディア

更新

インクジェットプリンター用シールとは?インクジェットプリンターで簡単!オリジナルステッカー製作

ライター纐纈

ライター:
製作事業部サブチーフ 纐纈

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてぶに登録する
  • feedlyでRSSを登録する
  • poketで後から見る

インクジェットプリンターを使用したオリジナルステッカーシールが作れますが、ちょっとした工夫で綺麗にオリジナルステッカーが作れます。DIYが好きな方へ

こんな人にオススメな記事です!

インクジェットプリンターで簡単!オリジナルシールステッカー製作

はじめに:シールの種類

私たちの周りには様々なシールで溢れています。日本語では用途を問わず糊付きの紙片のことをシールという括りで扱い、用途・大きさ・材質などで呼び名が変わってきます。ステッカー、デカール、ラベルこれらは全てシールなのです。

インクジェットプリンター用のシールとは?

インクジェットプリンター用に市販のラベル製作用コピー用紙などを見かけたことはないでしょうか。表面は普通のコピー用紙とは何ら変わりはないのですが、裏面には糊が付いており印刷したものをハサミなどで好きな形にカットして、そのままシールとして使用することが出来るというものです。

こういった商品はいろいろな種類が出ており、様々な用途に合わせて使い分けます。瓶やボトルに貼るのであれば耐水性のあるものを選んでみたり、車に貼るようなものであれば粘着の強いものを、曲面に貼るのであれば材質が柔らかいものを…などなど様々です。

形にこだわる

先程、印刷したものをハサミなどで好きな形にカットすると説明しましたが、どれだけハサミの扱いに長けている方でも多少のズレなどは出てしまうのではないでしょうか。形にこだわりのある人にはこのズレは見過ごせません。そこで、看板のプロがシールを製作する際に用いる2通りの方法を御教えします。

トンボカット

作りたいシールが四角形のカッチリしたものであるなら、定規とカッターを使用して綺麗なシールを作ることが出来ます。しかし、定規の目盛りを頼りにしてしっかりと測ったつもりでカットしてみたら少ーし歪んで台形になってしまった…なんてことありませんか?

こういった歪みを防ぐのがトンボカットです。Adobeのイラストレーターで印刷用データを作成する際に予めカットする場所を決めておき、印を付けて一緒に印刷してしまえば綺麗にカットすることが出来ます。このカット場所を印す目印となるものをトンボと呼びます。

印刷するデザインのどの位置をステッカーとして使用するのか、トンボを付けておけば印刷用データを作った本人でなくてもカットする場所をすぐに把握することも可能です。

プロッターカット

作りたいシールの形が印刷するデザインに沿ったものであったり、丸い形のようなカッターで綺麗に切れないものにはプロッターマシーンを使用します。こちらもデータ製作の際にAdobeのイラストレーターを使用します。

先程のトンボカットとの違いは、カットしたい形のラインを予めデータ上にのみ作っておくことです。カットするラインも一緒に印刷してしまうと折角のシールの縁に本来不要である線が見えてしまい非常に見栄えが悪くなってしまいます。

データ上のみに表示されるカットしたい形の線、印刷物のどこをカットするのかプロッターマシーンに伝達するための印、この2点を用意することによって正確な位置に自分の切りたい形にプロッタマシーンが刃を入れてくれます。文章にするとややこしい様に思えますが実際にやってみると意外と単純で、簡単にオリジナルシールを作ることが出来るのです。

まとめ:誰でも簡単にオリジナルシールステッカーを作れます

家庭にもだいぶ普及しているインクジェットプリンターがあれば誰でも簡単にオリジナルシールステッカーを作ることができます。しかし、複雑な形や綺麗な丸型ステッカーを作ろうにもプロッタマシーンを持っていない、家庭用のプリンターでは印刷できるサイズ幅が少なすぎて大きなサイズのシールがつくれない…そんな方は一度、看板のプロにご相談ください!普段、看板用の大きなメディアを印刷していますので大きくて変わった形のオリジナルステッカーのご相談にもきっと応えられると思います。

ライター纐纈

ライター:
製作事業部サブチーフ 纐纈

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてぶに登録する
  • feedlyでRSSを登録する
  • poketで後から見る

製作担当。身長 185cm。スレンダー系。その長身を貼り作業などで活かしています。学生時代は動画を勉強してい ました。看板を製作するためのデータ制作、大型業務用プリンター、板材を輪郭カットするルーター機を操ります。 趣味は食べ歩き。ベルギービールが大好物です。お客様の商品をひとつひとつ丁寧におつくりしています。

この記事を書いた人

CUVIC CITYとは?

看板を設計・デザインから施工・撤去・処分までトータルで製作できる看板屋です。キュービックシティではデザイン・製作・施工・撤去処分をそれぞれの看板のプロが揃っています。お客様に対して専任の担当者をつけて綿密なコミュニケーションを大事にし、自社スタッフ一人ひとりが責任と誇りを持ってお客様の看板を製作いたします。

CUVIC CITYなら店舗看板づくりをお手伝いできます!

CUVIC CITYができること無料PDFダウンロード

CUVIC CITYができること

無料PDFダウンロード

お気軽にお問い合わせください

営業時間:9時〜17時

0120-944-599