集客や認知に必要な看板お役立ちメディア

更新

集客3倍も夢じゃない!?オフィスや店舗の顔「ファサード看板」を大解説!!

ライター平尾

ライター:
製作事業部チーフ 平尾

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてぶに登録する
  • feedlyでRSSを登録する
  • poketで後から見る

新しくオフィスや店舗を構えるとき、必要になるものが「看板」!今回は看板の中でも一番お客様の目に入る「ファサード看板」について解説します。店舗やオフィスの看板をどうしたら良いか迷われている方へ

こんな人にオススメな記事です!

集客3倍も夢じゃない!?お店の顔「ファサード看板」を大解説!!

はじめに

新しくオフィスや店舗を構えるとき、必要になるものが「看板」!今回は看板の中でも一番お客様の目に入る「ファサード看板」について解説します。

そもそもファサード看板って何?

なかなか聞き慣れない言葉なので、単語から噛み砕いてみましょう!

ファサード(facade)とは?

ファサード (façade) は、建築物の正面部分(デザイン)である。フランス語に由来し、英語のfaceと同根。最も目に付く場所であり、町並みを形成するもので、設計上、重要視される。
引用:ウィキペディア

上記のことから、「ファサード看板=建築物の正面部分に取付ける看板」ということになりますね。

店舗やビルなどの入口上部に取り付ける横長型のサインを「ファサード看板」と呼びます。欄間(らんま)看板と呼ぶ場合もあります。コンビニの入り口上部にあるような横長の看板をイメージしてください。お店の顔となる正面の看板が「ファサード看板」です。

ファサード看板が「お店の顔」と言われるワケ

看板製作会社である弊社スタッフ数名に「ファサード看板を一言で表すと?」と聞くと、全員が「お店の顔!」と答えました。看板業界の書籍を読んでみても、「ファサード看板=お店の顔」という表現が多いです。

「第一印象は3秒で決まる」と言われます。初対面で挨拶を交わす間に、「明るい」「おとなしい」「爽やか」など、その人の印象を決めてしまうことはありませんか?

ファサード看板も同じです。人と同じく、見た目の情報が印象を決める一番のポイントとなります。ファサード看板は店舗の業種や店内の雰囲気、店長のこだわりなど、店舗のイメージをお客様にひと目で分かってもらうために必要な看板です。

ここで大切なことは、「いかにお客様にお店の良いイメージを与えるか」です。ただ文字を掲示することだけが看板の役割ではありません!店舗の内面を最大限に表現し、最大のセールスマンとなってくれるのが、ファサード看板の役割です。

何を重視して選ぶ?ファサード看板の種類と価格相場

一括りにファサード看板と言っても様々な種類があります。光るタイプ、文字を立体的に取り付けたタイプ、シンプルな長方形タイプ…。お店の顔と呼ばれるだけあって、十人十色の個性が光る看板です。種類が多いだけに、どんなものにしようか悩むと思いますが、ここでは「何を重視するか」というポイントに絞ってご提案します。注)価格は、サイズ高さ900mm×幅3600mmを想定して概算。施工費は別です。

ファサード看板の概算料金シュミレーション

サイズと希望項目を選ぶだけで製作料金の概算がわかります!入口の上の一番目立つ所や店舗の壁面に屋号などをいれる、代表的な看板です。ピッタリとマッチしていると、より一層お店などの印象を良くし、集客が見込めます。

とにかく安く!価格重視の方

非電飾(光らないタイプ)がおすすめ!【約7万円~】アルミ複合板という軽量な板材で下地を作り、フルカラーのインクジェットシートを貼って表示します。板だけで製作することも可能ですが、ほとんどの場合はアルミのベース枠と共に取付けます。壁から立ち上げることで立体感がでるので、より一層看板としての存在感が際立ちます。アルミ枠は腐食が少なく、繰り返し再利用できるので経済的!長方形型の看板と差別化をはかるため、楕円型やオリジナルの輪郭にする場合もあります。

夜も目立たせたい!夜間にパッと目を惹く集客力重視の方

内照式(内側から光らせるタイプ)がおすすめ!【約20万円~】看板内部から蛍光灯などで表示面に明かりをともします。表示面は光を通す材料で製作します。以前は乳半色のアクリル板での製作が主流でしたが、最近ではFFシートというシート状の素材が増えています。FFシートは継ぎ目のないキレイな仕上がりになります。軽量かつ割れる心配が無いので、安心できる素材として人気です。また電材は、蛍光灯に変わりLEDの電飾看板がかなり普及しています。LEDを使用することで、電気代などのランニングコストをおさえる、看板本体を薄型にできるなどのメリットがあります。

アットホームな感じを出したい!雰囲気重視の方

外照式(スポットライトを取付けるタイプ)がおすすめ!【約13万円~】非電飾の看板にプラスしてライトを取付けます。夜間営業を行う店舗は必須です。夜間にお店を閉める店舗の場合でも、認知度を上げるため、また防犯のためにも、ライトを付けることをおすすめします。スポットライトの種類は様々です。看板のサイズやお店の雰囲気に適したものを選びます。例えば、温かみのあるやさしい雰囲気にしたいときは、黄色~赤っぽい色のランプが良いでしょう。アームの長いスポットライトは、隣接する敷地・道路・歩道に越境する場合があるため、注意が必要です。

まとめ:ファサード看板はお店の雰囲気やイメージを伝える事が大切

ファサード看板は、お客様に第一印象を与える「お店の顔」ということがお分かり頂けたでしょうか?たくさんの情報を載せるよりも、お店の雰囲気やイメージを伝えることが大切だと言えるでしょう。ファサード看板はオリジナルで製作することが多いため、「こんな雰囲気を出したい」「一番伝えたいことはコレだ!」というようなイメージを明確に決めることから始めましょう。分からないことは、どんどん看板のプロに相談しましょう!

ライター平尾

ライター:
製作事業部チーフ 平尾

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてぶに登録する
  • feedlyでRSSを登録する
  • poketで後から見る

屋外広告士。今では階段を少し駆け上がるだけで息が切れてしまうが、若かりし頃は毎日看板取付に明け暮れていました。そこで培った経験・知識を活かし、全力でお客様対応させていただいております。キュービックシティ店長。趣味は愛犬の写真撮影。看板に関するお悩み、お気軽にご相談ください!

この記事を書いた人

CUVIC CITYとは?

看板を設計・デザインから施工・撤去・処分までトータルで製作できる看板屋です。キュービックシティではデザイン・製作・施工・撤去処分をそれぞれの看板のプロが揃っています。お客様に対して専任の担当者をつけて綿密なコミュニケーションを大事にし、自社スタッフ一人ひとりが責任と誇りを持ってお客様の看板を製作いたします。

CUVIC CITYなら店舗看板づくりをお手伝いできます!

CUVIC CITYができること無料PDFダウンロード

CUVIC CITYができること

無料PDFダウンロード

お気軽にお問い合わせください

営業時間:9時〜17時

0120-944-599