集客や認知に必要な看板お役立ちメディア

更新

高所作業車とは?4m以上の高い所での作業に必要な高所作業車で看板取付け作業を安全に!

ライター伊藤

ライター:
製作事業部 伊藤

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてぶに登録する
  • feedlyでRSSを登録する
  • poketで後から見る

4m以上の場所に看板の取付けをする際には高所作業車が必要になってきます。高所作業車と聞くと料金高いイメージがありますが、仮設の足場を組んで看板を取付けるより「組み立て時間」「解体時間」「費用」が仮設の足場を組むより高所作業車の方が費用が抑えられるんです。4m以上に看板を取付けをお考えの方へ高所作業車の事を知っていただければと思います。

こんな人にオススメな記事です!

4m以上の高い所での作業に必要な高所作業車で看板取付け作業を安全に!

はじめに:高所作業車とは?

高い場所に看板を取り付けるときに、なにかしらの作業をするための足場が必要になってきます。そんな足場そしてよく使用される高所作業車について、今回はお話したいと思います。

高所への看板取付作業に必要な足場

高所で作業する場合、脚立による簡易的な足場、工場用の仮設組み立て足場、移動式ローリングタワー、高所作業車などがあります。それぞれ現場の状況にあわせて使い分けています。

高所作業車の種類

脚立では不可能な高所での看板取付作業には高所作業車がよく使用されます。高所作業車とは、高所での作業を行うための特殊車両のことです。大まかに、高所作業車には自走式垂直昇降式などの種類があります。私たち看板屋がよく使用するものは、トラックに高所作業用の機構がつき、公道を走行することができるトラック搭載式というものになります。

看板取付に高所作業車が使用される理由

看板の取付作業に、脚立足場の次によく使用されるのが高所作業車の足場になります。仮設組み立ての足場だと専門業者に依頼をして組み立ての時間、解体の時間が余分に発生することになり、その分費用がかかります。また、移動式のローリングタワーよりも安全かつ効率よく作業ができます。

まとめ:足場を組むより高所作業車の方が費用が抑えられるんです!

以上、看板施工の時によく使用される高所作業車について大まかに説明させてもらいました。実際は、現場の状況によってどの足場が最適で施工可能かどうかが変わってくると思われます。私たち専門業者が現場を見させてもらい、より良い提案をさせていただいています。

ライター伊藤

ライター:
製作事業部 伊藤

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてぶに登録する
  • feedlyでRSSを登録する
  • poketで後から見る

工場長。鉄骨はもちろんアルミの溶接までお手のもの。主に工場での大型物の製作、現場施工を担当。高所作業車・移動式クレーン車を駆使し、大小問わず様々な看板取付の実績あり。特技は穴掘り 「自立看板の柱を埋めるための穴」趣味はバイク(ハーレーダビッドソン)、釣り。東海圏の現地調査は私がお伺いいたしますよ〜。

この記事を書いた人

CUVIC CITYとは?

看板を設計・デザインから施工・撤去・処分までトータルで製作できる看板屋です。キュービックシティではデザイン・製作・施工・撤去処分をそれぞれの看板のプロが揃っています。お客様に対して専任の担当者をつけて綿密なコミュニケーションを大事にし、自社スタッフ一人ひとりが責任と誇りを持ってお客様の看板を製作いたします。

CUVIC CITYなら店舗看板づくりをお手伝いできます!

CUVIC CITYができること無料PDFダウンロード

CUVIC CITYができること

無料PDFダウンロード

お気軽にお問い合わせください

営業時間:9時〜17時

0120-944-599