集客や認知に必要な看板お役立ちメディア

  • メニュー

更新

データのアウトラインについて

ライター水野

ライター:
デザイナー 水野

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてぶに登録する
  • feedlyでRSSを登録する
  • poketで後から見る

ご自身でデータ作成される方。 データを入稿される方。

こんな人にオススメな記事です!

データのアウトラインについて

はじめに:アウトラインとは

文字をアウトライン化と言われてもクリエイティブ系や広告印刷業界経験者やイラストレーターなどのデザインソフトを利用したことある方ならわかることですがそうじゃない方にはわかりにくいかもしれません。
ビジネス用語では「あらすじ」「概要」などを意味しますがデザインの分野では違った意味で言います。
では何のためにアウトライン化するのかご説明します。

アウトラインとは

アウトライン(outline)は文字やデザインを正確に表現(印刷)する上で必要な作業になります。
例えば文字ですが、PCにフォントがインストールされていれば指定のフォントで文字を入力できます。
ですが他のPCに同じフォントが無ければ別のフォントに置き換えられてしまいます。
文字化けしてしまうのです。
それを防ぐためにアウトライン化を行います。
アウトライン化すると文字ではなく図形となる為、文字を打ち変えたりアウトライン化前の状態に戻すことは出来ません。
イラストレーターでアウトライン化すると文字の周りにアンカーポイント(端点)が置かれ、ポイント同士がセグメント(線)で繋がれた状態になります。
この図形を構成する要素のことを「パス」と言います。文字のアウトライン化はパスで構成されています。

アウトライン化する理由

なぜアウトライン化をする必要があるのかを先程少し触れましたが、文字化け以外にも理由があります。
看板を希望の形にカットする場合はアウトラインのデータが必要になります。
ウインドウサインを切り抜いて貼る場合、カルプ文字をご希望の形に形成する場合、アルミ複合板やスチレンボードをカットする際などどれもカットしたい形のアウトライン(パス)データが必要になります。
ロゴマークやイラストも同じくその図形を形どったアウトラインが必要です。

アウトラインの作り方

Adobeイラストレーターで作成します。
フォントの場合は文字を選択した状態で、書式→アウトラインを作成→完成です。
ロゴマークなどの複数の図形が重なり合っている場合は切り抜く為の大外のアウトラインが必要になりますので、複製したいレイヤーを選んで「レイヤーを複製」を選び複製した方のレイヤーの全ての図形を選択した状態で、パスファインダの合体を選びます。これで切り抜きたい画像の外枠のアウトラインが出来ました。
アウトライン情報をもとにプロッターでカットするのですが、機械でも若干のズレでシートの色が出てしまったりします。
その為、はみ出てもシートの色が出ないようにカットの際はノビ(塗り足し)を付けます。

文字を入力して選択します。

文字を入力して選択します。

書式からアウトラインを作成を選択。

書式からアウトラインを作成を選択。

文字にアンカーポイントとセグメントが 表示されればアウトライン化の完成。

文字にアンカーポイントとセグメントが 表示されればアウトライン化の完成。

画像を用意します。

画像を用意します。

レイヤー1を選び右上のマークをクリックします。 「レイヤー1」を複製を選択します。

レイヤー1を選び右上のマークをクリックします。
「レイヤー1」を複製を選択します。

レイヤー1のコピーが出来ました。

レイヤー1のコピーが出来ました。

「レイヤー1のコピー」の木のパスを全て選択したら、 パスファインダーの形状モード:合体を選択します。

「レイヤー1のコピー」の木のパスを全て選択したら、
パスファインダーの形状モード:合体を選択します。

パスが合体されて1つのパスになりました。

パスが合体されて1つのパスになりました。

描画の塗りを消して線に色を付けました。 ※分かりやすく赤の波線にしてあります

描画の塗りを消して線に色を付けました。
※分かりやすく赤の波線にしてあります

カットの際に白い線が出ないように若干のノビを付けました。

カットの際に白い線が出ないように若干のノビを付けました。

単色の場合はこのようにすれば綺麗にカット出来ます。

単色の場合はこのようにすれば綺麗にカット出来ます。

まとめ:印刷の際はアウトライン化は必須

文字のアウトライン化は印刷では基本作業となってきます。そして切文字などの作成でも機械で読み取って作業する為の必要なデータになります。
イラストレーターのパスデータがあれば特別難しい作業ではないので、データご入稿前にはアウトライン化のチェックをお忘れなく!

イラスト・キャラクター・似顔絵・挿絵など各種デザイン制作します

オリジナルイラストを看板に使用したい!似顔絵を贈りたい!などのご要望はございませんか?
文章のみの看板や広告にイラストを載せることでより内容を伝えやすくなったり、
イラストの印象で全体のイメージを変える効果もあります!看板製作はもちろん、イラストのみのご依頼も可能です。お気軽にご相談ください。

イラスト制作・キャラクター・似顔絵・挿絵などオリジナルイラスト制作を承っています

看板のデザイン作成はキュービックシティにお任せください

キュービックシティで看板を作るなら、デザインからお任せください!弊社在籍の看板デザイナーがご対応いたします。ラフ案やスケッチがあればぜひお送りくださいませ。お客様のご要望をお聞きしながら、納得のいくデザインを作成いたします。

ライター水野

ライター:
デザイナー 水野

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてぶに登録する
  • feedlyでRSSを登録する
  • poketで後から見る

デザイン担当。広告代理店で培ってきたデザイン経験を活かし、ロゴ・ポスター・イラストなど様々なデザインで看板の魅力を引き出します!ヒアリングの際はご要望を教えてくださいね!

この記事を書いた人

CUVIC CITYとは?

看板を設計・デザインから施工・撤去・処分までトータルで製作できる看板屋です。キュービックシティではデザイン・製作・施工・撤去処分をそれぞれの看板のプロが揃っています。お客様に対して専任の担当者をつけて綿密なコミュニケーションを大事にし、自社スタッフ一人ひとりが責任と誇りを持ってお客様の看板を製作いたします。

CUVIC CITYなら店舗看板づくりをお手伝いできます!

CUVIC CITYができること無料PDFダウンロード

CUVIC CITYができること

無料PDFダウンロード

お気軽にお問い合わせください

営業時間:9時〜17時

0120-944-599