集客や認知に必要な看板お役立ちメディア

更新

立体文字とLED照明をコーディネート!文字看板と照明の効果的な組み合わせ方法とは

ライター平尾

ライター:
製作事業部チーフ 犬飼

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてぶに登録する
  • feedlyでRSSを登録する
  • poketで後から見る

長方形の板状の看板ではなく、文字型の看板をお考えの方必見。みなさんが街で見かける“なんかかっこいいな”と思う文字型の看板のほとんどは、LED照明との組み合わせがポイントとなっています!

こんな人にオススメな記事です!

立体文字とLED照明をコーディネート!文字看板と照明の効果的な組み合わせ方法とは

はじめに:立体文字看板は照明との相性が抜群です!

みなさんが街で見かける文字看板。文字の中にLEDを仕込んだスマートな文字サインもあれば、スポットライトで文字を照らす外照式なんてのもあります。(文字に影が落ちてカッコイイんです。)立体的な文字看板は単体でも目を惹きますが、ライトアップするともっと魅力的になります。今回はそんな立体文字看板+LED照明の組み合わせについてお話します。是非、最後までご覧ください。

立体文字だけでも立派な看板

看板と聞くと、どうしても長方形で板(いた)状のものをイメージしてしまいますよね。私もこの業界で仕事をするまではそうでした。でも実際にあのお店カッコいいな、オシャレだな~と思うときに取付けられている看板って文字型の看板が多くないでしょうか。

文字の内部から光っているもの、立体文字に照明をあてているもの、ネオンサインなんかも文字サインの一部ではないでしょうか。屋号、業種などを文字型に加工した看板、文字サインをピックアップしていきましょう!

立体文字+LED照明でより効果的なサインに

前述した文字の内部から光っているもの、立体文字に照明をあてているものはもちろん、現在ではネオンサイン風のものまで、かなりLED化が進んでいます。

今までのものと比べると省エネ・長寿命なのはみなさんご存知の通りだと思います。が、看板本体の厚みを抑えられたり、ある程度複雑な形状のものにも対応できたりと、作り手側にもメリットは多いんですよ。

文字サインをお考えで、夜間も営業する店鋪・営業は日中だけだが夜間シンボルとして看板に仕事をさせようと思われている方には、“文字+LED”ぴったりだと思います。

立体文字看板にLED照明を取り付ける方法

文字+LEDには大きく分けて2つの方法があります。内照式(ないしょうしき)と外照式(がいしょうしき)です。詳しくご説明します。

内照式(ないしょうしき)

内照式は立体文字の内部から発光させます。一般的には金属(ステンレス、亜鉛鉄板など)を文字型に加工して、中にLEDを配列します。金属部分は塗装やシートで色を表現します。ステンレスの加工品を使用すれば、高級感をだすこともできます。発光部分は、主に乳半色のアクリルが使用されることが多く、単色のシートやインクジェット印刷したもの貼りこみ、裏側からLEDが彩り豊かに照らします。

外照式(がいしょうしき)

外照式は、アーム付きのスポットライトやダウンライトなどで文字サインを照射します。立体文字(箱文字)はもちろん、切文字(金属板、アクリル板、アルミ複合板などの板材を文字形状にカットしたもの)を壁面から浮かせて取付けることで、キレイに影を落とすこともできます。この方法は比較的安価にオシャレなサインをつくれます。LEDスポットライトにも昼光色(白っぽい光)・電球色(オレンジっぽい光)があるので、是非、店鋪や施設の雰囲気に合った選定をしてくださいね。

立体文字のどこを光らせる?[正面・側面・背面]

LED内照式の箱文字サインは様々なところを光らせることができます。正面・側面・背面(バックライト)とバリエーションが豊富なのも魅力です。よく見かけるのは正面発光とバックライトではないでしょうか。個人的に内照式の箱文字サインってかなり好きで、どこが光っていてもいいんですが、それぞれ印象が違ってきます。昼と夜で違った表情を演出するもよし、あえて王道でいくもよし。と、贅沢な悩みが満載なサインなんです。

正面発光

立体文字とLED照明をコーディネート!文字看板と照明の効果的な組み合わせ方法とは-正面発光箱文字看板

基本的に、正面発光は光っていても光っていなくても色は同じです。特殊なシートを施し昼間は黒色の文字を、夜間は白色の文字にする裏技もあります。

背面発光(バックライト)

立体文字とLED照明をコーディネート!文字看板と照明の効果的な組み合わせ方法とは-バックライト箱文字看板

バックライトは日中は文字の色、発光時は黒色(影)になります。(周囲の状況により変動あり)文字の背面の壁面に光があたり文字が浮き出たようなスタイリッシュな印象になります

側面発光

そして側面発光。これはかなりかっこいいです。しかし加工が複雑なため割高になってしまうのは事実です。

まとめ:立体文字+LED照明のトータルコーディネートを考えましょう

ファッションで言うと、どんなにデザインが良くて、自分が気に入ったものでも、それ単体+その他のコーディネートも重要ですよね。看板、特に立体文字看板もそれに近いものがあると思います。建物の雰囲気、壁面の材質・色合いなど、周りの状況を加味して選定することをオススメします。また、そんなお悩みをご相談いただければと思います。

箱文字・切文字のオーダーメイド製作・取付け承ります

お店やオフィスの雰囲気を壊さず、シンプルながらも存在感のある箱文字・切文字。文字だけでなく、マークやロゴを作ることもできます。店舗看板やオフィスの装飾までさまざまなシーンで活躍します。お気軽にご相談ください。

ライター犬飼

ライター:
製作事業部チーフ 犬飼

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてぶに登録する
  • feedlyでRSSを登録する
  • poketで後から見る

名古屋オフィス担当。名古屋生まれ名古屋育ちの元気印。皆様からのお電話やメールの対応をさせていただいております。製作と施工、二つの部署で活躍。持ち前の几帳面さを活かした細かな作業、綿密な打ち合わせに定評があります。サンダーバードが好きすぎて着信音もサンダーバード。皆様からのお電話が楽しみです!

この記事を書いた人

CUVIC CITYとは?

看板を設計・デザインから施工・撤去・処分までトータルで製作できる看板屋です。キュービックシティではデザイン・製作・施工・撤去処分をそれぞれの看板のプロが揃っています。お客様に対して専任の担当者をつけて綿密なコミュニケーションを大事にし、自社スタッフ一人ひとりが責任と誇りを持ってお客様の看板を製作いたします。

CUVIC CITYなら店舗看板づくりをお手伝いできます!

CUVIC CITYができること無料PDFダウンロード

CUVIC CITYができること

無料PDFダウンロード

お気軽にお問い合わせください

営業時間:9時〜17時

0120-944-599