集客や認知に必要な看板お役立ちメディア

更新

アクリル文字の製作方法と仕上げ加工の種類について

ライター纐纈

ライター:
製作事業部サブチーフ 纐纈

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてぶに登録する
  • feedlyでRSSを登録する
  • poketで後から見る

オフィスのエントランスやお店の壁面におしゃれな文字看板を取り付けたいと思っている方に。アクリルは加工がしやすく、仕上げの加工方法もたくさんありますので、おしゃれな文字看板を作るならアクリルがお勧めです!

こんな人にオススメな記事です!

アクリル文字の製作方法と仕上げ加工の種類について

はじめに:アクリル文字の製作と加工について

オフィスの看板、飲食店のこじんまりとした看板のロゴ部分だけアクリル文字になっていると高級感を感じたりしないでしょうか。アクリル文字は簡単に自作できるものではなく専用の機械などで製作しなければならない為、敷居が高いように思いますが実際はどのようにつくっているのか説明していきたいと思います。

アクリル板の特徴

まず、そもそもアクリルとは何でしょうか。プラスチック(合成樹脂)の一種であり、擦ると特有の匂いを発することから匂いガラス、有機ガラスとも呼ばれます。特徴として

  • 透過率が非常に高くガラスを凌ぐほどの透明度である。
  • 耐久性に優れており、破損してもガラスのように飛び散らない。
  • 切断、穴あけ、接着、曲げ、彫刻、印刷などなど…非常に加工に向いている。

こういった理由からアクリル板は非常に加工に向いているといえます。

押出し板とキャスト板

アクリル板は製法の違いから押出し板とキャスト板があり、それぞれに特徴があります。

押出し板

分子量が粗く、切断した場合粘りやすいのが特徴です。キャスト板に比べて値段が安価で、熱成型しやすいです。簡単な穴開け、切削、折り曲げ等であれば押出し版が適しています。

キャスト板

分子量が細かく、接着などの場合溶剤に溶けにくいです。押出し板と比べると材質が硬く、機械加工に適しており、値段は高価。大判サイズ、板厚の厚い板はキャスト板しかないため、大きな切り文字製作になると必然的にこちらになります。アクリルの表面にレーザー彫刻、切削加工を施すのにも適しています。

切文字に向いているアクリルの種類

それでは切り文字加工をするとなるとどちらになるのでしょうか。結論から言うと、キャスト板が向いています

アクリルのカットは主にレーザーカットと呼ばれる技法で行われ、熱処理の後の行程で扱い易い事からキャスト板が使われます。押出し板でレーザーカットを行うと考えられる問題として長時間の紫外線や加工直後に有る種類の気化性液に触れることでのひび割れがおこってしまう恐れがあります。

アクリル文字の仕上げ加工

アクリル文字の加工と一口に言っても切った後の処理などで仕上がり・見え方が変わってきます。そんなアクリル加工の種類についてご紹介したいと思います。

磨き

アクリルをただカットしただけでは切り口が美しいとはいえません。そこで磨きの加工を施すことによってアクリル本来の透明感を出すことが出来ます。

サンドブラスト

アクリルの切口にサンドブラストを掛けることでザラザラとした仕上がりになります。この状態のアクリルに照明を当てることで光が拡散し、普通とは違う表現をすることが出来ます。

シート貼り

アクリルには透明色のものだけではなく色のついたものもたくさんあります。しかし、なかなかイメージ通りの色が見つからないことがあります。そういった際はマーキングフィルムを予めアクリルに貼り付けた状態で加工します。こうすることで色のバリエーションもグンと広がります!

象眼加工

異なる二つのアクリルをピッタリと当てはめることができます。文字の枠のアクリルと文字のアクリルそれぞれを異なる素材で作ることが出来るのは正確にカットできるレーザーカットの利点です。

浮き文字加工

アクリル切り文字で同じサイズの文字を二つ用意します。二つのアクリルを重ね合わせて下になるアクリルにボルトを仕込みます。こうすることで表からは見えませんがアクリルが壁から浮いて見える加工ができます。1枚目のアクリルと2枚目のアクリルを重ねたラインが若干見えてはしまいますがその分、頑丈にとりつけられるというメリットもあります。

まとめ:アクリル加工は看板屋と相談しながらイメージのすり合わせを!

アクリル文字の加工はどれも専門的でなかなかイメージがしずらいと思います。切り口をどうしたらいいのか、厚みや表面はどういったものがいいのかなど、イメージしているアクリル文字はどのようにして作ればいいのか、一度看板のプロに相談してみてはいかがでしょうか。きっとお力になれると思います。

箱文字・切文字のオーダーメイド製作・取付け承ります

お店やオフィスの雰囲気を壊さず、シンプルながらも存在感のある箱文字・切文字。文字だけでなく、マークやロゴを作ることもできます。店舗看板やオフィスの装飾までさまざまなシーンで活躍します。お気軽にご相談ください。

ライター纐纈

ライター:
製作事業部サブチーフ 纐纈

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてぶに登録する
  • feedlyでRSSを登録する
  • poketで後から見る

製作担当。身長 185cm。スレンダー系。その長身を貼り作業などで活かしています。学生時代は動画を勉強してい ました。看板を製作するためのデータ制作、大型業務用プリンター、板材を輪郭カットするルーター機を操ります。 趣味は食べ歩き。ベルギービールが大好物です。お客様の商品をひとつひとつ丁寧におつくりしています。

この記事を書いた人

CUVIC CITYとは?

看板を設計・デザインから施工・撤去・処分までトータルで製作できる看板屋です。キュービックシティではデザイン・製作・施工・撤去処分をそれぞれの看板のプロが揃っています。お客様に対して専任の担当者をつけて綿密なコミュニケーションを大事にし、自社スタッフ一人ひとりが責任と誇りを持ってお客様の看板を製作いたします。

CUVIC CITYなら店舗看板づくりをお手伝いできます!

CUVIC CITYができること無料PDFダウンロード

CUVIC CITYができること

無料PDFダウンロード

お気軽にお問い合わせください

営業時間:9時〜17時

0120-944-599