集客や認知に必要な看板お役立ちメディア

更新

店舗看板におすすめ!照明の種類と選び方

ライター纐纈

ライター:
製作事業部サブチーフ 纐纈

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてぶに登録する
  • feedlyでRSSを登録する
  • poketで後から見る

店舗に看板を設置している方に。夜間に営業していなくても、看板照明を設置して、看板を24時間働く営業マンに変身させましょう!

こんな人にオススメな記事です!

店舗看板におすすめ!照明の種類と選び方

はじめに:夜間も店舗看板を活躍させるには【照明】が必須

看板が活躍するのは日が昇っているお昼だけではありません。夜間であっても“照明”の力を借りることで看板を活躍させることが出来るのです!照明を取り付けることで、夜間も店舗の宣伝ができますよ。今回はそんな看板用の照明についてお話ししたいと思います。

看板照明のメリットとデメリット

照明を使う事のメリットとして挙げられる点として

  • 夜間でも看板の表示面をハッキリと見せることができる
  • 営業時間外であっても照明を当てていることで防犯効果を期待できる
  • 書いてあることをただ見せるだけでなく、間接照明として使用するなどで看板を様々なイメージに演出することができる

上記のような効果を期待できます。しかし、良い事ばかりなわけではなくデメリットも存在します。

  • 電気代がかかる
  • 消耗品の為、光量が落ちていく
  • 周辺の明るさを考えなければならない

電気代、光量については初期投資が高くはなりますがLEDを使用することによって長期的に見て、安く・長く使用することが出来るのでかなりお勧めです。

周辺の明るさについては、たくさんの店舗が軒を連ねるような場所では光量が足りないと薄暗く感じてしまいますし、逆に明るすぎると設置地域の条例やガイドラインなどに引っかかってしまう恐れがあります。設置場所の詳細な情報をしっかりと確認し、どのように“魅せる”のかをイメージしながら考えるようにしましょう。

看板照明といっても様々な種類があります。代表的なものを挙げて説明します。

外照式看板(スポットライト・アームライト)

店舗看板におすすめ!照明の種類と選び方-外照式看板(スポットライト・アームライト)

照明器具を取り付けて既存の看板(看板の役割を担っている建物)を照らすタイプ。光を看板に直接あてます。角度の調整、照明器具のサイズで見え方を変えることができます。カフェや飲食店などでよく見かけるタイプの照明です。オレンジ色の照明を使えば、落ち着いたおしゃれな雰囲気になりますね。

内照式看板

店舗看板におすすめ!照明の種類と選び方-内照式看板

半透明のガラスやプラスチック板などの背面に光源を設置し、透過する光によって表示を見せるタイプです。特徴として発光面全体の明るさが均一ではありますが輝度が左程高くありません。外照式とは異なり光源が見えない為、看板だけをスッキリと見せることができます。

直射式看板(LED・ネオン管)

店舗看板におすすめ!照明の種類と選び方-直射式看板(LED・ネオン缶)

LEDやネオン管の光を直接見せるタイプになります。内照式看板からガラスやプラスチック板を取っ払って、光源が丸出しになっているようなイメージです。内照式よりも大型の看板に適しており、輝度も高いのが特徴です。夜間営業の飲食店や、薄暗くライトダウンした店内にもおすすめです。

間接照明

店舗看板におすすめ!照明の種類と選び方-間接照明・ダウンライト

インテリアなどでよく聞く言葉ですが看板照明としても多く使われています。光源の光を壁などに当て,反射光によって間接的に光ってみせる方式です。影が出来ず柔らかな拡散光が得られますが効率自体は悪いので多量の光量を必要とします。

電光掲示板

発行ダイオードや液晶、電球などを使用した掲示板。発行体を格子状に配置、明滅によって文字や簡単な絵などを表現できます。決められた文字のみを発光させるタイプのものもあり、こちらは通常のものと比べると廉価で購入できます

まとめ:看板とのバランスやイメージに合った照明を選びましょう

看板照明と一口に言ってもこれだけいろいろな形があります。この中から店舗のイメージに合うもの、且つ設置場所に適したものを選ぶとなると中々、選ぶのは難しいと思います。そんな時は一度看板のプロに相談してみてはいかがでしょうか。ご相談にもきっと応えられると思います。

ライター纐纈

ライター:
製作事業部サブチーフ 纐纈

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてぶに登録する
  • feedlyでRSSを登録する
  • poketで後から見る

製作担当。身長 185cm。スレンダー系。その長身を貼り作業などで活かしています。学生時代は動画を勉強してい ました。看板を製作するためのデータ制作、大型業務用プリンター、板材を輪郭カットするルーター機を操ります。 趣味は食べ歩き。ベルギービールが大好物です。お客様の商品をひとつひとつ丁寧におつくりしています。

この記事を書いた人

CUVIC CITYとは?

看板を設計・デザインから施工・撤去・処分までトータルで製作できる看板屋です。キュービックシティではデザイン・製作・施工・撤去処分をそれぞれの看板のプロが揃っています。お客様に対して専任の担当者をつけて綿密なコミュニケーションを大事にし、自社スタッフ一人ひとりが責任と誇りを持ってお客様の看板を製作いたします。

CUVIC CITYなら店舗看板づくりをお手伝いできます!

CUVIC CITYができること無料PDFダウンロード

CUVIC CITYができること

無料PDFダウンロード

お気軽にお問い合わせください

営業時間:9時〜17時

0120-944-599