集客や認知に必要な看板お役立ちメディア

更新

箱文字と切文字の違いとは?立体文字看板について詳しくご紹介!

ライター川村

ライター:
製作事業部 川村

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてぶに登録する
  • feedlyでRSSを登録する
  • poketで後から見る

店舗や事務所のエントランスなどに、印象的な文字看板を取付けたい方に。切文字・箱文字の2種類についてご説明いたします!

こんな人にオススメな記事です!

箱文字と切り文字の違いとは?立体文字看板について詳しくご紹介!

はじめに:立体文字看板とは

立体文字看板とは文字通り、文字を立体的におこして看板としているものです。立体文字看板は2つの看板に分けられます。 箱文字看板切り文字看板です。聞きなれない言葉ですよね。ですがみなさん一度は街中で見ているものです。今回は箱文字看板と切文字看板の違いについて詳しくお話します。

箱文字と切文字の違いとは

箱文字と切文字って何が違うのでしょうか。まずは箱文字・切文字それぞれの写真をご覧ください。

箱文字と切文字の違いとは?立体文字看板について詳しくご紹介!-箱文字と切文字の比較写真

箱文字と切文字、比べてみるとハッキリ違うところがあります。それは、素材の『厚み』です。 これは製造する工程によって生じる違いです。

箱文字・切文字の製作方法

箱文字の製作方法

箱文字と切文字の違いとは?立体文字看板について詳しくご紹介!-金属文字の製作方法・構造写真

箱文字の主な素材は金属です。 金属の板を切ってつなげたり、曲げて立体にしています。 薄い板を曲げることで中が空洞になり、その分が厚みになります。 お好みの色に塗装することも可能です。 ガツンと目を惹きたい時にオススメの看板です。

切り文字の製作方法

箱文字と切文字の違いとは?立体文字看板について詳しくご紹介!-金属切文字の製作方法・構造写真

切文字は素材を形のとおりに切り抜いたものです。 切文字は、金属板・アクリル板・アルミ複合板・カルプボード・カッティングシートなどがあげられます。 箱文字よりも製造工程が短く、いろんな素材で作られます。 切り抜いて出来上がるので、素材そのものの厚みが切文字の厚みになります。

夜に魅せる!他と差がつく!立体文字のライトアップの効果

昼間は周りと違う印象で目を惹くことができる立体文字、夜になったときの印象はどうなの?と思いますよね。 立細くておしゃれな文字も暗がりでは、あれ?見えない…。 なんてものもあります。そんなときにはライトアップしてあげましょう!ここでも箱文字と切文字で違いがでます。

文字の内側からライトアップ(フロントライト式)

箱文字と切文字の違いとは?立体文字看板について詳しくご紹介!-フロントライト式

箱文字の中にLEDを組み込んで、中からライトアップさせることが出来ます!文字そのものを光らせる方法です。 箱文字のデザインによって光の出方が異なります。 側面を金属。正面を乳半アクリルにすれば正面からパッとひかります。 側面を乳半アクリル・正面を金属にすればぼんやりとした謎めいた光になります。 カラーアクリルを使ってもいいですね!

文字の後ろ側からライトアップ(バックライト式)

箱文字と切文字の違いとは?立体文字看板について詳しくご紹介!-バックライト式

後ろからライトを当てて文字を浮かび上がらせます。 文字が影になることで認識してもらえるようになります。 上品でリッチな印象になりますね。 屋外も屋内も向いています。

文字の上側からライトアップ(アームライト・スポットライト)

箱文字と切文字の違いとは?立体文字看板について詳しくご紹介!-スポットライト

プレート看板とセットでよくみかけるアームライトで上から照らす方法もあります。 スポット的に光るので、光らせる範囲を狭くするとスマートに見えますよ。 ライト自体にボリュームがあるので、距離を取って文字とお店全体を照らすのがおすすめです。

まとめ:店舗に合った目立つ看板を作りましょう!

ふと目がいくお店の玄関口はとても憧れると思います。 しかしながら入った時に、イメージと違うなんて思われてしまわないように、 どんなふうに目立たせたいか、よくお考えいただければ幸いです。

箱文字・切文字の製作・取付け施工承ります

素材がわからなくても大丈夫!弊社専任担当が、お客様とのヒアリングを行い、ご要望にあった素材をご提案いたします。完全オーダーメイドで製作ができますので、どのような箱文字・切文字にしたいかご希望か担当者へお伝えください。お気軽にお問い合わせください。

ライター川村

ライター:
製作事業部 川村

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてぶに登録する
  • feedlyでRSSを登録する
  • poketで後から見る

製作担当。この業界の製作スタッフでは珍しい女性スタッフ。毎日覚えることが多く、大変ですが、毎日楽しく製作させていただいています!入社当初はひとりで持ち上げられなかった資材も、なぜか今は持てるようになりました。デザインすることも好きなので、お客様のお役にたてたらうれしいです。

この記事を書いた人

CUVIC CITYとは?

看板を設計・デザインから施工・撤去・処分までトータルで製作できる看板屋です。キュービックシティではデザイン・製作・施工・撤去処分をそれぞれの看板のプロが揃っています。お客様に対して専任の担当者をつけて綿密なコミュニケーションを大事にし、自社スタッフ一人ひとりが責任と誇りを持ってお客様の看板を製作いたします。

CUVIC CITYなら店舗看板づくりをお手伝いできます!

CUVIC CITYができること無料PDFダウンロード

CUVIC CITYができること

無料PDFダウンロード

お気軽にお問い合わせください

営業時間:9時〜17時

0120-944-599