集客や認知に必要な看板お役立ちメディア

更新

【浮かせor直接接着】アクリル切り文字の施工方法を解説!

ライター伊藤

ライター:
製作事業部 伊藤

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてぶに登録する
  • feedlyでRSSを登録する
  • poketで後から見る

屋内におしゃれな文字看板を設置したいと思っている方へ。目の高さの位置であれば、アクリル素材が特にお勧めです!

こんな人にオススメな記事です!

【浮かせor直接接着】アクリル切り文字の施工方法2選

はじめに:アクリル切り文字の施工方法とは

屋内の目線の高さぐらいによく設置される、ワンランク上の存在感を出すことのできるサインの一つが、アクリル製の切り文字サインです。アクリル製切り文字の施工方法には大きく分けて2種類の方法があります。今回はアクリル切り文字サインの取付け方法についてのお話をさせていただきます。

アクリル切り文字の施工に必要な『原寸大の原稿』とは

【浮かせor直接接着】アクリル切り文字の施工方法を解説!-原寸大取付け原稿の仮留め

他の素材の切り文字・立体文字と同様に、アクリル切り文字も一つ一つ独立した文字やマークを現地の壁面等に取付けることになります。よって、図面上のデザインのレイアウト通りに取付けるために、原寸大の紙などに描いた原稿が必要となります。これを、取付位置に仮留めして、文字の輪郭を壁面に書き写すことにより位置決めを行います。

アクリル切り文字の施工方法1『直接接着』

【浮かせor直接接着】アクリル切り文字の施工方法を解説!-直接接着図解イラスト

比較的簡単でよく行われる取付け方法は、仮留め用の両面テープと取付け壁面の材質に合った接着剤を併用しての直接接着させるやり方です。

また、凹凸のある壁面など接着が困難な場所の場合、同形状の一回り小さな下地板をビスなどで留めてから、その下地に仕上げ材を接着させるという方法もあります。

アクリル切り文字の施工方法2『ボルト立て』

浮かせor直接接着】アクリル切り文字の施工方法を解説!-浮かせボルト立て図解イラスト

アクリル切り文字を少し立ち上げて浮いた感じに取付けたい場合、文字の裏側に数か所ボルトを立てたものを使用します。これを、壁面にボルト位置に合わせて穴をあけておき、その穴に接着剤を充填させてボルトを刺していくという方法です。

この時に、アクリル文字と壁面との間に立ち上げたいサイズのスペーサーを入れることにより、浮いた感じに取付けることができるのです。

まとめ:直接接着する方法は比較的簡単

以上、アクリル切り文字の基本的な施工方法のご説明をさせていただきました。直接接着する方法などは比較的簡単なので、お客様ご自身での取付けも可能な場合があるかと思います。ただ、状況によって様々な方法が考えられますので、一度専門業者にご相談されることをお勧めいたします。

箱文字・切り文字のオーダーメイド製作・取付け承ります

お店やオフィスの雰囲気を壊さず、シンプルながらも存在感のある箱文字・切り文字。文字だけでなく、マークやロゴを作ることもできます。店舗看板やオフィスの装飾までさまざまなシーンで活躍します。お気軽にご相談ください。

ライター伊藤

ライター:
製作事業部 伊藤

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてぶに登録する
  • feedlyでRSSを登録する
  • poketで後から見る

工場長。鉄骨はもちろんアルミの溶接までお手のもの。主に工場での大型物の製作、現場施工を担当。高所作業車・移動式クレーン車を駆使し、大小問わず様々な看板取付の実績あり。特技は穴掘り 「自立看板の柱を埋めるための穴」趣味はバイク(ハーレーダビッドソン)、釣り。東海圏の現地調査は私がお伺いいたしますよ〜。

この記事を書いた人

CUVIC CITYとは?

看板を設計・デザインから施工・撤去・処分までトータルで製作できる看板屋です。キュービックシティではデザイン・製作・施工・撤去処分をそれぞれの看板のプロが揃っています。お客様に対して専任の担当者をつけて綿密なコミュニケーションを大事にし、自社スタッフ一人ひとりが責任と誇りを持ってお客様の看板を製作いたします。

CUVIC CITYなら店舗看板づくりをお手伝いできます!

CUVIC CITYができること無料PDFダウンロード

CUVIC CITYができること

無料PDFダウンロード

お気軽にお問い合わせください

営業時間:9時〜17時

0120-944-599